GCPで「Quota ‘STATIC_ADDRESSES’ exceeded」とエラーが出る

GCPにおいて、TerraformからグローバルIPを予約しようとした際に、「Quota ‘STATIC_ADDRESSES’ exceeded」とエラーが出たので、原因と対応をまとめます。

原因

無料トライアルでアカウントを有効化せずに利用していたため、静的IPアドレスの作成制限(1個まで)にひっかかったことが原因です。公式ドキュメントに以下記載があるように、無料枠ではいくつか制限がされているみたいです。

Compute Engine では、さまざまな理由から、使用できるリソースの割り当て量に上限が設けられています。たとえば、割り当て量の上限を設定して予期しない使用量の急増を防ぐことで Google Cloud Platform(GCP)ユーザーのコミュニティを保護しています。また、GCP には無料でお試しできるよう、プロジェクト用にアクセスを制限した無料トライアルの割り当てもあります。

実際に割当を確認すると、以下キャプチャのように Static IP addressの欄が 1個使用済みの上限 1個で一杯の状態でした。

対応

以下のキャプチャのように画面右上の有効化を押下し、アカウントを有効にします。

画面上部のポップアップが出ていない場合は、画面右上のプレゼントボックスのマークを押下することでポップアップが表示されます。

対応後は以下のように、上限が自動的に8個まで作成可能に変更されます。

上記上限よりも作成が必要になった場合は、公式ドキュメントの『割り当て量の増加をリクエストする』を参考にクォータの上限を引き上げることで対応してください。

本対応により、アカウントが有効化されて課金可能な状態になりますので、無料クレジット以上利用しないようにご注意ください。

GCPgcp

Posted by koyaman